映画と本とコーヒーと

今夜観る映画に困ったら覗きに来てほしい、オススメの映画たちをネタバレなしで紹介します

パッセンジャー あらすじと感想(ネタバレなし) 独りきりの宇宙船は人生の縮図

こんにちは、常夏(パダワン) (@tcoffee8)です。

 

今回紹介するのは、クリス・プラット&ジェニファー・ローレンスの大物コンビが主演で注目された作品

パッセンジャーです!

 

 

f:id:tcoffee:20190326225717j:plain



 

作品情報

公開年:2017年

監督:モルテン・ティルドゥム

脚本:ジョン・スペイツ

キャスト:クリス・プラット、ジェニファー・ローレンス、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、オーロラ・ロビンソン・ペリノー

 

監督はイミテーション・ゲームで2015年のアカデミー賞を受賞したモルテン・ティルドゥム監督、そこにクリス・プラット、ジェニファー・ローレンスの大物コンビ

作品情報ですでに良作の予感がしてきます。 

クリス・プラットは、ジュラシックワールドでも主演を務められているので最近観る機会が多いですよね。

 

予告動画

 

www.youtube.com

 

あらすじ

20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。

パッセンジャー : 作品情報 - 映画.com

 

見どころ&感想

さて、そんな大物2人が主演を務める本作、ざっくりした内容は、地球からの移住のために冷凍睡眠で遠い惑星に移動していたら、機械の故障で自分だけ目覚めてしまった!というところから映画は始まり、一人での宇宙船での生活、ある理由により同じく目を覚ましたジェニファー・ローレンスとの恋模様を描いた映画です。

 

CGを駆使した映像美や、近未来的な生活の描写など見どころはたくさんありますが、

個人的にはバーテンダー型アンドロイドが(宇宙船内のバーで働いており、もちろんアンドロイドなので冷凍睡眠することなくずっと起きている)要所要所で格言を残してくれるのが観ていてワクワクしました。

 

中でも、宇宙船の中で一人だけ目を覚ましてしまいこんなはずじゃなかったと悲観するクリス・プラットに対し、

"こんなところに居るはずじゃなかった?

  貴方達はいつもそう言うが、今この場所を楽しまないと"

と話し、落胆するクリス・プラットを励ますシーンは観ていて気持ちのいいシーンの1つでした。

 

広い宇宙船の中で1人もがき苦しみ、ある時愛する人出会う

こんな環境におかれることは私たちはまずあり得ませんが、どこか人生の縮図のような気持ちで観ることができました。

ハラハラしつつも、暖かい気持ちになれる映画です。