映画と本とコーヒーと

今夜観る映画に困ったら覗きに来てほしい、オススメの映画たちをネタバレなしで紹介します

365日のシンプルライフ 自分に必要なモノも見えてくるかも?-あらすじ・見どころ(ネタバレ無し)

こんにちは、常夏です。

 

2018年 気づけば師走が訪れて、年末年始のバタバタも目前に控えてきました。

年明けをスッキリとした気持ちで迎えるためにも、年末大掃除で断捨離をやりたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

断捨離をやりたいけど、捨てたらよいかわからない!部屋が散らかって全然片付かない!最近物欲に負けがち!

そんなあなたにオススメな映画がこちら!

 

365日のシンプルライフ

f:id:tcoffee:20181208141649j:plain

主人公ペトリの365日の生活を記録したドキュメンタリー映画

 

~予告編~

画像から予告編をご覧になれます

 

~あらすじ~

恋人に振られたことをきっかけに無気力になってしまったペトリは、再び自分の人生に幸福感を取り戻すためにある実験を行います。

彼が目を付けたのは、自分の家。あらゆるモノがあり、欲しいものは買いそろえてきた、最高に幸せなはずの空間。

しかし、モノで溢れ返る家とは裏腹に、空っぽの心。

 

そこで彼は、4つのルールを決めその生活を記録することにしました。

 

ルール1

持ちモノを全て倉庫に

ルール2

持って来るのは1日1個

ルール3

1年間 続ける

ルール4

1年間 何も買わない

 

この4つのルールに従って生活することで、自分に本当に必要なモノを見極めようという試みなのです。

 

~見どころ~

持ちモノを”全て”倉庫に

実験は持ちモノを全て倉庫に預けた状態からスタートするのですが、”全て”ということはもちろん衣服もすべて預けるということ。

最初の1日目にペトリがモノを取りに倉庫に行くとき、彼は全裸で倉庫までモノを取りに行きます(笑)

 

軽快なジャズのBGMと、雪の中を全裸で倉庫まで走るペトリの姿ギャップが面白く、そこから映画に引き込まれていきます(笑)

 

人生はモノでできていない

今回の実験について、ペトリが彼のおばあさんに相談しに行ったときに、おばあさんが言うセリフ

 

ペトリだけでなく、私も、もしかしたらこの記事を読んでいる方も、現代人はモノが好きです。

断捨離なんて言葉が流行るのは、現代人が多種多様なモノを所有している証拠ですよね。

でも今身の回りにあるモノで本当に必要なモノは何か?と聞かれたらその数はそんなに多くないはずです。

 

映画の終盤、実験の結果としてペトリは、生活に必要なモノの数、生活を豊かにするモノの数を数えます。

数はさておき、モノは生活に必要・豊かにするものであって人生そのものではありません。何を持っているかではなく、どう使ってきたか。それが人生になる。

 

同じ実験はしなくても、自分に本当に必要なモノを見直すきっかけをくれる映画だと思います。

所有欲や見栄のためについつい余計なものまで買ってしまう、、なんて方はぜひ!