映画と本とコーヒーと

映画 本 快適な暮らし

プーと大人になった僕 あらすじと見どころ(ネタバレ無し) 今週末はゆっくりと”何もしない”をしてみませんか?

こんにちは 常夏です。

前回の更新からメキメキとやる気が出ているので、このやる気に乗じて最近観た作品をどんどん更新していきたいと思います。

 

今回紹介するのはこちら。

プーと大人になった僕 です。

f:id:tcoffee:20190128234306j:plain

 

 

 

作品情報

公開年:2018年

監督:マーク・フォースター

出演:ユアン・マクレガー ヘイリー・アトウェル マーク・ゲイティス ブラッド・ギャレット

 

ユアン・マクレガーと言えば何と言ってもスターウォーズのオビワンですよね!(少なくとも私の周りでは)プーさんが実写化!しかもクリストファーロビンはユアンらしいぞ!!と沸いていました。

 

そして出演と言っていいのか分かりませんが、もちろん100エーカーの森の仲間たちも人形の姿で登場します。

 

あらすじ

かつて「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしてプーと別れた少年クリストファー・ロビン。月日が流れ大人になった彼は、愛する妻や娘とロンドンで暮らしながら、旅行カバン会社のウィンズロウ社で多忙な日々を送っていた。しかし、忙しすぎるゆえに家族との約束も守ることができず、思い悩んでいた彼の前に、かつての親友プーが現れ……。

プーと大人になった僕 : 作品情報 - 映画.com

 

 

見どころ

本作の見どころ、まずは何といっても愛くるしい100エーカーの森の仲間たちの姿ではないでしょうか。

 

プーさんがかわいいのはもちろんですが、、

 

私のオススメはティガーです。

 

本作では、キャラクターの全員が少し色褪せたような姿で登場してきます。100エーカーの森の雰囲気も今までアニメーションで観てきた雰囲気とは違い、薄暗い雰囲気です。

ただ、そんな雰囲気が現代社会で疲弊してしまったクリストファーロビンの心情とマッチし、物語全体を少し寂しく、悲しい雰囲気に仕立てています。

 

 

~”何もしない”は最高の何かに繋がる ~

これは子供のころのクリストファーロビンが言うセリフなのですが、家族のために現代社会で忙しく働くクリストファーロビンはいつの間にかその言葉を忘れ時間を”有効”に使うことに囚われてしまいます。

そんなとき、あるきっかけで現れたプーさんと一緒に居るうちにクリストファーロビンは昔の気持ちを大切なものを思い出すのですが、きっと同じように仕事や勉強、家事など目の前のことに追われ、”何もしない”が出来ていない現代人は多いと思います。

私たちの前にプーさんは現れてはくれませんが、一度足を止め、自分にとって、最愛の人にとって大切なものを思い出すきっかけをくれる作品だと思います。

 

何もしない? そんなの勿体ない! なんて思っている人にこそ是非観て欲しいです!!

 

 

(余談)

本作まだまだ新作ですが、U-NEXTの1か月無料体験でタダで観られました!

最悪そのまま無料期間で退会しちゃえばお金もかからないのでオススメです。