映画と本とコーヒーと

今夜観る映画に困ったら覗きに来てほしい、オススメの映画たちをネタバレなしで紹介します

映画 めんたいぴりり あらすじと見どころ・感想(ネタバレなし)

こんにちは、常夏です。

 

今回紹介するのは、福岡で放送されていたドラマ めんたいぴりりの劇場版作品です。

博多明太子で有名な”ふくや”の創始者をモデルにした作品。

 

f:id:tcoffee:20190210141626j:plain

 

 

 

作品情報

公開年:2019年

監督:江口カン

出演者:博多華丸 富田靖子 博多大吉 等

 

少し前に華丸さんがいきなり坊主にして、悪いことをした訳じゃありませんよ と説明していた時期がありましたが、こちらのドラマ版の役作りのためだったみたいですね。

このほかにも福岡ローカルではおなじみのゴリけんなど九州にお住まいの方には嬉しい出演者が盛りだくさんです。

 

ちなみに映画版はまだ映画館で上映中ですが、ドラマ版はAmazonに入っていました!

Prime会員の方は観放題の中に入っていますので、無料で観られます。映画を観てハマった人はぜひこちらもご覧下さい!

 

 

予告編

 

www.youtube.com

 

あらすじ

 

昭和30年代、戦後最大の引揚港であった福岡は戦争の傷跡を残したまま復興を遂げようとしていた。焼け跡となっていた福岡の中洲で食料品店「ふくのや」を開業した海野俊之は、妻の千代子とともに小さな店を切り盛りしていた。そんな俊之が博多の祭りである「博多祇園山笠」と同様に情熱を傾けていたのが、めんたいこ作りだった。自身が納得できる味になかなかたどり着くことができず、改良に改良を重ねる試行錯誤の毎日を送る中で俊之が耳にしたのが、息子・健一の同級生である英子の存在だった。両親を亡くして親戚のもとで暮らす英子は、遠足に行くための新しい靴やリュックサックも買えない境遇におかれていたが……。

映画めんたいぴりり : 作品情報 - 映画.com

 

見どころ・感想 

まず声を大にして言いたいのは、本作、全ての博多華丸・大吉ファンに観て欲しいです!!

作品の合間で笑いをとりにくるシーンがあるのですが、そこは最早二人の漫才を観ているかのような時間です(笑)

ドラマを観ていた方はご存知かと思いますが、大吉さん演じるスケトウダラさん(スケトウダラの妖精)が出てきたときは笑い声が漏れてしまいました。

f:id:tcoffee:20190210144514j:plain

 

そして、予告編では割と重たいシーンが多くなっていますが、本作まさに笑って泣ける作品になっています。

素なのか演技なのか分からないようなくせの強い博多華丸さんの演技、前述した博多華丸大吉の漫才タイム、そして戦後の厳しい生活を強いられながらも明太子でみんなを幸せにしたいという博多華丸演じる海野のひたむきな姿。

 

しっかり笑ってしっかり泣けて、海野の人情に心温まる作品となっております。

 

元がローカル番組ということもあり、他の地域ではなかなか上映館が少ない状況ですが、全ての博多華丸大吉好きに、福岡好きに、そして明太子好きに

ぜひご覧ください。