映画と本とコーヒーと

映画 本 快適な暮らし

バンブルビー あらすじと感想 ファンはもちろんトランスフォーマーデビューに観て欲しい笑って泣ける作品

こんにちは、常夏(パダワン) (@tcoffee8)です。

 

今回は待ちに待ったトランスフォーマーシリーズの最新作 バンブルビーを紹介します!

 

※本記事はネタバレを含んでいます。ネタバレしたくない方は、見出しの”見どころ&感想(ネタバレなし)”の項目まで読んで頂ければと思います。

 

f:id:tcoffee:20190324233126j:plain

 

 

作品情報

公開年:2019年

監督:トラヴィス・ナイト

脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン

キャスト:ヘイリー・スタインフェルド、ジョン・シナ、ジョージ・レンディボーグ・Jr、ジョン・オーティス

 

冒頭でも紹介しましたが、待ちに待ったトランスフォーマーシリーズの最新作です!5作品に渡って製作されたトランスフォーマーシリーズの6作目となる本作は、全ての物語が始まる前の、バンブルビーが初めて地球に降り立ったときの物語です。

主演はピッチ・パーフェクトシリーズやはじまりのうたに出演しているヘイリー・スタインフェルドです、かわいい。笑 本作では過去の出演作品とはまた違った表情を見せています。

 

予告動画

www.youtube.com

 

あらすじ

シリーズ1作目の主人公サムとバンブルビーが出会う以前の1980年代を舞台に、バンブルビーと人間の少女チャーリーの交流と友情、彼らに待ち受ける予想外の運命を描く。父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。

バンブルビー : 作品情報 - 映画.com

 

見どころ&感想(ネタバレなし)

過去のトランスフォーマーシリーズ5作品を観て本作を楽しみにしていた方も、ロボットモノはちょっと・・・という方もどちらも存分に楽しめる作品だと思います!

 

まず本作1番の魅力は、何といってもバンブルビーが可愛い!お茶目!

トランスフォーマーシリーズでもバンブルビーのお茶目な部分や子供っぽいシーンはありましたが、そこはやっぱり主演作品、過去作の数倍可愛いシーンが散りばめられています。

あんなゴツゴツした変身するロボットに可愛いなんて表現は変化も知れませんが、一度観るときっとこの気持ちが分かると思います!

 

また、もう一つの見どころは、主人公の少女 チャーリーがビーと出会い、ビーを追って来たディセプティコンとの戦いに巻き込まれていく中で、父を失った悲しみや新しい家族への壁を乗り越えていくストーリです。

今までのトランスフォーマーシリーズにはあまり無かった、人間側の物語も本作の魅力だと思います。

そこはやはりマイケル・ベイ監督が描くシリーズとの大きな違いかと思います。どちらが良いかは好みの話になるかと思いますが、トラヴィス・ナイト監督が描く本作の方が万人に受け入れられやすく、マイケル・ベイ監督が描く過去作はロボットモノ感が強く男子ウケ最強といった感じでしょうか。個人的にはマイケル・ベイ監督の変身!戦闘!ってノリが好きだったりします。笑

 

見どころとして2点紹介しましたが、本作は過去作を観たことが無くても楽しめる作品になっているかと思いますので、ぜひトランスフォーマーデビューに本作を選んで頂き、そこから過去作を観るのも楽しいと思います。ぜひ!

 

 

見どころ&感想(ネタバレあり)

 

さて、ここからはネタバレを含む感想になります。

本作は、トランスフォーマーシリーズの最初の作品でサムとバンブルビーが出会う約20年前の物語になります。映画はサイバトロン星でオートボットとディセプティコンが戦っているシーンから始まるのですが、、、バンブルビーが喋ってる!!え!!!という驚きからスタートしました(笑)

もちろん戦いの中で負傷して声が出せなくなったという話は過去作で出てきていましたが、あまりにも普通に喋るのでびっくりしてしてしまいます。

そしてお馴染みのラジオでの会話。始めはぎこちなかったんですね。それも可愛い。

 

また本作、前半で置かれた布石を回収していく様も気持ち良い。高飛び込みやブレックファーストクラブなど散りばめられた布石を丁寧に回収してくれます。私が気付いていないだけでトランスフォーマーシリーズに繋がる布石も散りばめられているのでしょうか?

すっかり忘れてしまっていたので、その辺はまた追い追い、過去作を観て見つけたらリライトして追記していきたいと思います。